カードローンの金利の仕組みと計算方法

カードローンの金利は、借り入れした元本の額に対して、返済までの期間分の利息がかかります。金利計算は、年利で表示されている利率を日割りに引き直して元本にかけ合わせて、さらにそれを借り入れた期間をかけ合わせるという方法をとります。元本が減れば、今度はその減った元本に同じような金利計算をしていきます。毎月の支払方法がいずれであっても、金利計算で算出された利息以外の支払い分が元本に充当されていきます。
カードローンによっては、随時返済が可能なものがあります。そして、利息は前述の金利計算のとおり日割りで計算されるため、随時返済をするだけ払う利息は少なくなり、総支払額を抑えることができます。したがって、カードローンの借り入れ後の支払い額を少なくしたいのであれば、余裕のある時にこまめに返済をしていく必要があります。
カードローンの金利は、借り入れしている金額に応じて変化するようになっていることが多いです。法律上も、融資額に応じて設定できる最高利率を15パーセントから20パーセントに設定しています。融資額が高いほど利率は下がります。具体的にどのように設定しているかは、カードローンを提供している業者によって異なります。消費者金融系は、一般的な融資額である100万円未満の場合、18パーセントに設定しています。これは、利息制限法上の上限です。一方銀行は全体的に消費者金融よりも低金利で、それよりも数パーセント低く設定しています。
ソニー銀行カードローンの特徴と審査はこちら

Comments are closed.